内覧会での当社の在り方

12月に入り、あっという間に一週間が過ぎようとしています。

 

 

 

 

2017年も残すところ一月を切りました。

 

 

 

 

当社ショールームもクリスマス仕様となりました。<(_ _)>

 

 

 

 

さて、現在当社では、内覧会ご同行ラッシュ中であります。

 

 

 

 

それだけ多くのお客様にショールームへご来場をいただいている

裏返しでもございます。心より御礼申し上げます。<(_ _)>

 

 

 

 

さて、この内覧会における当社の役割と在り方につきまして、

少し当社の考えを述べさせてください。

 

 

 

 

内覧会は、あくまでもご契約主体のお客様と、デベロッパー様との間で

成立するところです。

 

しかし、お客様は基本的に多くの場合、建築については素人となり、

専門知識や専門的な視点がない限り、知りえないことがございます。

 

そうした部分を補うために、

ホームインスペクターさんなどの専門家に同行いただくことは、

お客様の権利と言えます。

 

 

 

 

法的にみましても、そうした部分には最大限配慮されております。

瑕疵担保責任などは、その典型です。

 

 

(シエリア湘南辻堂内覧会同一マンション割引適用ご物件)

 

 

話しが若干逸れましたが、

こうしたことを前提とした上で、

当社は、お客様の視点を増やすことを目的とし、

また経験による不具合箇所の発見や、

通常では見つけることが困難な補修箇所等を確実に洗い出すことを目指します。

 

 

 

 

不具合につきましては、大小を問わず、

内覧会段階で、確実にお客様が知っておくべきです。

 

内覧会時段階で、不具合については可能な限り正確に拾い、

デベロッパー様とその情報を共有いただくことが一番大切となります。

 

ご入居後に、補修箇所を発見し、

補修箇所を良く見てみたら、ヒビが入っており、

実は割れてしまっていた。なんてことも現実にございます。

 

そうした場合、いつ付いた傷や割れなのかが曖昧となり、

責任所在が不明確となってしまいます。

 

権利ばかりを声高に主張することは避けるべきですが、

内覧会の意義を理解をし、適切な対応をとることにより、

その後が穏やかさと安心を持って、新しいご生活へと気持ちよく移行できます。

 

 

 

 

お客様に代わり、不具合を拾わせていただきますが、

残念ながらわたしたちは、本来権利主体ではございません。

 

そのため、ご指摘箇所はまずお客様にお伝えをします。

 

そして、デベロッパー様に、修繕が必要な箇所は、

お客様とご一緒に修繕のお願いをさせていただきます。

 

お客様とデベロッパー様とのお付き合いは、その先も続きます。

 

それゆえに、当社がお邪魔をしたがために、

不快が生じませんよう、

最大限配慮をし、ご対応させていただくことを、心しております。

 

 

内覧会に限らず、当社の在り方は、

お客様、デベロッパー様、どなたにも、

変わらぬ対応を心掛けることにあります。

 

 

 

インプレスト所沢/内覧会

埼玉県所沢市に新築されましたマンション。

 

 

インプレスト所沢

 

 

お客様邸に内覧会にご同行をさせていただきました。

 

 

当社ショールームは、西武新宿線の新所沢駅が最寄り駅となります。

 

インプレスト所沢の最寄駅は、所沢駅。

 

ショールーム最寄の新所沢から2駅の距離。

 

2駅と申すと遠く感じますが、

車では10分かからない距離となります。

 

 

そのため、ショールームに沢山のインプレスト所沢ご契約者様に

ご来場をいただきました。

 

内覧会ご同行も連日お伺いをさせていただきます。

 

工事会社様は、長谷工さん。

各地の内覧会にお伺いしますため、

本日の内覧会ご担当のスタッフさんとも面識がありました。

 

 

インプレスト所沢お客様のご施工は、

12月22日より多数実施させていただきます。

パークホームズ亀有ガーデンズコート内覧会

パークホームズ亀有ガーデンズコート内覧会

に同行させていただきました。

 

 

当社でも多数のご予約をいただいております当マンション。

 

 

内覧会におけます仕上がりは、とても良い状態でした。

 

 

パークホームズ亀有ガーデンズコートのお客様邸におけます

当社施工は、12月23日から多数実施させていただく予定です。